交通事故による視力などの眼の障害

眼の後遺障害

交通事故による眼の後遺障害につては、以下のように分類されています。

  1. 眼球の障害 ①視力障害②調節機能障害③運動障害④視野障害
  2. まぶたの障害 ①欠損障害②運動障害

後遺障害の事実を検査で明らかにして、交通事故外傷との関係を立証できるかが、ポイントです。

自賠責保険では、以下の後遺障害認定基準でその程度が判断されます。

後遺障害認定基準

眼球の障害(視力障害)

両眼が失明したもの(1級1号)
1眼が失明し、他眼の視力が0.02以下になったもの(2級1号)
両眼の視力が0.02以下になったもの(3級1号)
両眼の視力が0.06以下になったもの(4級1号)
1眼が失明し、他眼の視力が0.1以下になったもの(5級1号)
両眼の視力が0.1以下になったもの(6級1号)
1眼が失明し、他眼の視力が0.6以下になったもの(7級1号)
1眼が失明し、又は、1眼の視力が0.02以下になったもの(8級1号)
両眼の視力が0.6以下になったもの(9級1号)
1眼の視力が0.06以下になったもの(9級2号)
1眼の視力が0.1以下になったもの(10級1号)
1眼の視力が0.6以下になったもの(13級1号)

(視力障害のポイント)
視力の測定は、原則として、万国式試視力表により測定した矯正視力。

失明とは、眼球を亡夫(摘出)したもの、明暗を弁じ得ないもの及びようやく明暗を弁ずることができる程度のものをいい、光覚弁(明暗弁)又は手動弁が含まれます。

両眼の視力障害は、等級表に掲げられている両眼の視力障害の該当する等級をもって認定することとし、1眼ごとの等級を定め、併合繰り上げの方法を用いて等級を定める取り扱いはしません。

ただし、例えば、1眼の視力が0.5、他眼が0.02の場合、両眼の視力は9級1号に該当するが、1眼の視力としては、8級1号に該当するので、この場合は両眼の場合よりも上位であるので、8級1号が認定されます。

眼球の障害(調節機能障害)

両眼の眼球に著しい調節機能障害を残すもの(11級1号)
1眼の眼球に著しい調節機能障害を残すもの(12級1号)

(調節機能障害のポイント)
「著しい調整機能障害を残すもの」とは、調整力が通常の2分の1以下に減じたものをいう。ここに、調整力とは、明視できる遠点から近点までの距離的な範囲をレンズに概算した値です。この調節力は年齢と密接な関係があります。

眼球の障害(運動障害)

両眼の眼球に著しい運動機能障害を残すもの(11級1号)
1眼の眼球に著しい運動機能障害を残すもの(12級1号)

(運動機能障害のポイント)
「眼球に著しい運動機能障害を残すもの」とは、眼球の注視野の広さが2分の1以下に減じた場合をいう。ここに、注視野とは、頭部を固定し、眼球を運動させて直視することができる範囲をいう。平均人では、単眼視では各方面約50度、両眼視では各方面約45度。

眼球の障害(運動障害)複視

正面視で複視を残すもの(10級2号)
正面視以外で複視を残すもの(13級2号)

(複視のポイント)
「複視」とは、両眼で見た単一の物体が、2個に見えることをいいます。これは、眼球を動かす、6個の眼筋の一部の麻痺が原因で起こるものです。

「複視を残すもの」とは、次のいずれにも該当するもの

  1. 本人が複視であることを自覚じていること
  2. 視筋の麻痺等複視を残す明らかな原因が認められること
  3. ヘススクリーンテストにより患側の像が水平方向又は垂直方向の目盛りで5度以上離れた位置にあることが確認されていること

「正面視で複視を残すもの」とはヘススクリーンテストにより正面視で複視が中心の位置にあることが確認されたものをいいます。

眼球の障害(視野障害)

両眼に半盲症、視野狭さく又は視野変状を残すもの(9級3号)
1眼に半盲症、視野狭さく又は視野変状を残すもの(13級3号)

(視野障害のポイント)

視野の測定は、ゴールドマン型視野計によります。「視野」とは、眼前の1点をみつめていて、同時に見える外界の広さをいいます。

「半盲症」とは視神経線維が、視神経交叉またはそれより後方においておかされる時に生じるものであって、注視点を境界として、両眼の視野の右半分または左半分が損傷するものをいいます。

「視野狭さく」とは、視野周辺の狭さくであって、これには、同心性狭さくと不規則性狭さくがあります。

ここにいう、「視野変状」とは暗点と視野欠損をいいます。

まぶたの障害(欠損障害)

両眼のまぶたに著しい欠損を残すもの(9級4号)
1眼のまぶたに著しい欠損を残すもの(11級3号)
両眼のまぶたの一部に欠損を残し、又はまつげはげを残すもの(13級3号)
1眼のまぶたの一部に欠損を残し、又はまつげはげを残すもの(14級1号)

(欠損障害のポイント)
まぶたを欠損した場合は、閉瞼時に角膜を覆い得るか否か、球結膜が露出するか否かについて後遺障害診断書に記載。まつげはげを残した場合は、その程度について後遺障害診断書に記載。

「まぶたに著しい欠損を残すもの」とは、閉瞼時に、角膜を完全に覆い得ない程度のものをいいます。

「まぶたの一部に欠損を残すもの」とは、閉瞼時に角膜を完全に覆うことができるが、球結膜(しろめ)が露出している程度のものをいいます。

「まつげはげを残すもの」とは、まつげ縁の二分の一以上にわたってまつげはげを残すものをいいます。

まぶたの障害(運動障害)

両眼のまぶたに著しい運動障害を残すもの(11級2号)
1眼のまぶたに著しい運動障害を残すもの(12級2号)

(運動障害のポイント)
運動障害を残す場合は、開瞼又は閉瞼の障害の状態を、後遺障害診断書に記載

「まぶたに著しい運動障害を残すもの」とは、開瞼時に瞳孔領を完全に覆うもの又は閉瞼時に角膜を完全に覆い得ないものをいいます。