交通事故による聴力などの耳の障害

耳の後遺障害

交通事故による耳の後遺障害につては、以下のように分類されています。

  1. 聴力障害 ①両耳②一耳
  2. 耳介の欠損

後遺障害の事実を検査で明らかにして、交通事故外傷との関係を立証できるかが、ポイントです。自賠責保険では、以下の後遺障害認定基準でその程度が判断されます。

後遺障害認定基準

聴力障害(両耳)

両耳の聴力を全く失ったもの(4級3号)
「両耳の平均純音聴力レベルが90㏈以上のもの又は両耳の平均純音レベルが80㏈以上かつ最高明瞭度が30%以下のもの」

両耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になったもの(6級3号)
「両耳の平均純音レベルが80㏈以上又は両耳の平均純音レベルが50㏈以上80㏈未満であり、かつ、最高明瞭度が30%以下のもの」

1耳の聴力を全く失い、他耳の聴力が40cm以上の距離では普通の話し声を解することができない程度になったもの(6級4号)
「1耳の平均純音レベルが90㏈以上、かつ、他耳の平均純音レベルが70㏈以上のもの」

両耳の聴力が40cm以上の距離では普通の話し声を解することができない程度になったもの(7級2号)
「両耳の平均純音レベルが70㏈以上のもの又は両耳の平均純音レベルが50㏈以上であり、かつ、最高明瞭度が50%以下のものをいう」

1耳の聴力を全く失い、他耳の聴力が1m以上の距離では普通の話し声を解することができない程度になったもの(7級3号)
「1耳の平均純音レベルが90㏈以上であり、かつ、他耳の平均純音レベルが60㏈以上のもの」

両耳の聴力が1m以上の距離では普通の話し声を解することができない程度になったもの(9級7号)
「両耳の平均純音レベルが60㏈以上のもの又は両耳の平均純音レベルが50㏈以上であり、かつ、最高明瞭度が70%以下のもの」

1耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になり、他耳の聴力が1m以上の距離では普通の話し声を解することが困難である程度になったもの(9級8号)
「1耳の平均純音レベルが80㏈以上であり、かつ、他耳の平均純音レベルが50㏈以上のもの」

両耳の聴力が1m以上の距離では普通の話し声を解することが困難である程度になったもの(10級5号)
「両耳の平均純音レベルが50㏈以上のもの又は両耳の平均純音レベルが40㏈以上であり、かつ、最高明瞭度が70%以下のもの」

両耳の聴力が1m以上の距離では小声を解することができない程度になったもの(11級5号)
「両耳の平均純音レベルが40㏈以上のもの」

(耳の障害のポイント)
聴力検査は、日を変えて3回行うこと。ただし、聴力検査のうち語音による聴力検査の回数は、検査結果が適正と判断できる場合には1回で差し支えないこと。

聴力検査の間隔は、検査の間隔は7日程度あけること

検査方法は、①オージオメーター②スピーチオージオメーター③その他、外傷性の立証のための検査が必要

聴力障害(一耳)

1耳の聴力を全く失ったもの(9級9号)
「1耳の平均純音レベルが90㏈以上のもの」

1耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になったもの(10級6号)
「1耳の平均純音レベルが80㏈以上90㏈未満のもの」

1耳の聴力が40cm以上の距離では普通の話し声を解することができない程度になったもの(11級6号)
「1耳の平均純音レベルが70㏈以上80㏈未満のもの又は1耳の平均純音レベルが50㏈以上であり、かつ、最高明瞭度が50%以下のもの」

1耳の聴力が1m以上の距離では小声を解することができない程度になったもの(14級3号)
「1耳の平均純音レベルが40㏈以上70㏈未満のもの」

耳介の欠損

1耳の耳かく(耳介)の大部分を欠損したもの(12級4号)
「耳介の軟骨部の2分の1以上を欠損したもの」

(耳介の欠損ポイント)

耳介の大部分を欠損したものについては、耳介障害としてしてとらえた場合の等級と外貌醜状障害としてとらえた場合の等級にうち、いずれか上位の等級を認定すること。

軟骨部の2分の1以上には達しない欠損であっても、これが、「外貌の単なる醜状」に達する場合は、男性については14級10号、女性については12級15号とすること。