手続に不備があり、異議申立から後遺症14級認定(千葉県)

弁護士に自賠責保険の後遺症の認定も含めて依頼して被害者請求で申請するも手続に不備があり非該当

(相談内容)後遺症の認定について弁護士に依頼したが、非該当になり納得できないので、交通事故後遺症認定申請の経験ある行政書士に、資料を確認してほしいと相談がありました。

提出した資料を簡単に拝見したところ、一見すれば後遺障害診断書などの資料から14級は初回申請で認定される事案でしたが、よくよく精査すると提出しなければいけない資料が存在せず、その後、委任状を受けて自賠責保険会社の担当者にその資料の存在を確認したところ、初回の申請ではその部分が抜けている旨の回答を得ました。

そこで、その未提出の資料を収集しました。さらに、14級認定のための医療照会・回答書の作成を医師にお願いしました。

上記の未提出の資料と医療照会・回答書、その経緯を示した異議申立書等を提出して、むち打ちの神経症状14級が認定されました。

その後、弁護士費用特約の残りがあったので弁護士を紹介して、獲得した14級の認定を基礎に示談。

(コメント)最初に受任した弁護士は自信を持って認定されますと言って弁護士費用特約で受任しました。そして、非該当になって異議申立をするのに生活状況をまとめて提出すれば認定されるから大丈夫との回答でしたが、本人は信頼できずに当事務所に相談に来ました。経験上、この事案で生活状況だけを資料として提出しても認定されることはなかったと思います。理由は、被害者請求では資料を提出する責任は被害者側にあります。14級の認定要件を充たしていたとしても、それを証明するに足りる資料が提出されなかった場合には、証明されず、生活状況だけでは証明するのは無理と考えられるからです。現在、行政書士のみならず弁護士も自賠責保険の後遺障害認定の申請をしていますが、ネットやマニュアルなどを参考にほとんど経験ないまま申請している場合も多く、実務経験を積んで申請している専門家は少ないのが現実です。もちろん誠実に業務をしている経験ある弁護士、行政書士もいます。参考に、実務経験ある専門家を見分ける方法は、ホームページの事例集などを参考に、多くの経験がある専門家を探す、又はストレートに経験の有無を聞いてみるのもいいと思います。少し厳しいことを書きましたが、交通事故被害者の方のためになればと思います。

→後遺症障害等級認定サポートの専門家を探している人