他覚所見ない鞭打ちで医師が非協力、後遺症14級認定(東京都)

他覚所見のない鞭打ち(むちうち)で認定されるのか、医師が交通事故には非協力で不安

<相談内容> 重篤の鞭打ちて苦しむも医師に理解してもらえず、複数の病院で治療を続けるが1年以上経過、症状固定の時期となり、当事務所に相談。

医師が非協力でMRI検査や神経学的検査がない状態でしたが、治療状況などは良く、来所相談の様子からも頚部の可動域が全くない重篤な状態と感じられ、受任。

<問題点とその対処方法>現在の医師が非協力で検査をしていただけなかったので、他の病院を紹介してMRI検査と神経学的検査を施行。そして、現在の主治医に検査以外の医療照会・回答をお願いして、複数の病院で医証を収集。

<結果> 鞭打ち神経症状14級9号が認定されました。

⇓

(コメント)鞭打ちの14級の認定要件は他覚所見、その他の治療状況などから総合的に判断されます。本件では、他覚所見とその他の医学的な証明・説明は病院を分けて医証を収集しました。本来なら一つの病院でするのが合理的ですが、非協力的な医師がいるのも現実です。この場合には経験からその対処方法を考える必要があります。なお、重篤な鞭打ちでしたが、重要な神経学的検査の異常所見がなく12級認定要件を充たしておらず、また、これ以上は望まないとの本人の意志で異議申立はしませんでした。