後遺障害についてのQ&A

Q1:後遺障害とは?

A:自賠責保険では、後遺障害とは、傷病が治ったときに残存する当該傷病と相当因果関係を有し、かつ、将来において回復困難と認められる身体的又は精神的な毀損状態であって、その存在が医学的に認められ労働能力の喪失を伴うものをいいます。
この定義は、自賠責保険の定型文ですが、この規範に当てはまらない場合は自賠責保険で後遺障害と認められることはありません。
それほど重要な意味がある言葉です。

Q2:後遺障害と後遺症の違いは?

一般的に後遺症という言葉は広く使われます。
これは、例えば、脳梗塞の後、治療をしたが、手足のしびれ等の症状が残った場合など交通事故に限らず病気や事故等で一般的に広く使われる言葉です。
他方、Q1の後遺障害の定義にあてはまるものを後遺障害といいます。この定義にあてはまることが医学的に証明・説明された場合に、例えばむち打ちの症状ならば神経症状として12級、14級が後遺障害として認定されます。
したがいまして、単に事故後むち打ちで首が痛いというだけでは事故の後遺症ということに過ぎず、Q1の後遺障害の定義にあてはまり、自賠責保険で後遺障害と認定される必要があります。
このように、交通事故で後遺症が残ってしまった場合には、自賠責保険で適正に評価され後遺障害として認定されることが重要となります。
なお、自賠責保険で後遺障害として認定されなくとも裁判で後遺障害が認定される場合もありますが、現実問題、裁判所は自賠責保険の審査を重視する傾向が強いので、やはり自賠責保険の後遺障害認定の重要性は変わらないといえます。
(まとめ)損賠賠償としては、一般的な後遺症ではダメ、自賠責保険で後遺障害として認定される必要がある。

Q:後遺障害はいつ認定されるのですか?

A:後遺障害の認定は症状固定になってから調査機関において審査され認定されます。

→ 症状固定についてのQ&A