弁護士費用等特約 医師面談の上でむち打ち(鞭打ち)14級9号認定(宮城県)

 弁護士費用等特約があるので、むち打ち後遺症認定のための医師面談と申請手続を専門家にお願いしたい

<相談内容> 車で衝突され自車は大破、むち打ちと診断され、その後治療を続けたが、むち打ちで症状固定の時期となった。しかし、医師が後遺症認定に不慣れで不安を抱き、医師面談の上で後遺症の認定の申請手続をお願いしたいと相談。

<回答> 出張費用等の問題があるのでむち打ち事案では通常は遠方の医師面談はお断りしていますが、弁護士費用等特約で支払いは可能と保険会社から確認が取れ、医師からも医師面談の承諾があったので。事実関係を精査した上、受任。

<問題点とその対処方法>医師面談にて、医師が後遺症の認定について不慣れで、その意味の説明や必要な検査、その他14級の認定要件を証明するため、医療記録等から正確に後遺障害診断書とその他医学的資料に正確にまとめて頂きました。

<結果> 初回申請にて局部に神経症状が残るものとして14級9号が認定されました。

⇓

<認定後> 弁護士費用特約で地元の弁護士に委任して示談交渉等で解決されたようです。

(コメント)新幹線で出張、医師面談をしての認定となりました。非常に話しやすい穏やかな医師で誠実に対応して頂き感謝しています。なお、個人的には医師面談はすべての事案ですべきとは考えていません。理由は、医師が専門家を嫌うケースも多くあり、また医療照会・回答などで十分なケースもあります。その他、費用の面なども考慮して医師面談の必要性・許容性を考えて決めるべきと思っています。