交通事故によるむち打ち・骨折などの局部神経症状

むち打ちの後遺障害等級が認定されるポイント

次の認定基準を読んでもわかりずらいですが、12級13号 「局部に頑固な神経症状を残すもの」と規定されています。

これは、他覚的所見により、神経系統の障害が認定されるものでなければなりません。具体的には、MRI等の画像やその他検査で自覚症状と整合した客観的な証明がなければ、12級の認定はなされません。例えば、MRI画像で椎間板ヘルニアによる神経根や脊髄に対する明らかな圧迫所見が認められ、これが神経学的検査等で整合的に自覚症状を証明できた場合など。したがって、むち打ち12級の認定のハードルは非常に高く、困難な証明になるといえます。

14級9号  「局部に神経症状を残すもの」と規定されています。

これは、12級と異なり、証明までは不要で、受傷時から症状固定までの間の医学的な所見で説明できれば、14級の後遺障害が認定されると考えられています。例えば、受傷時から医師の診断を受け、医学的所見で一貫性をもって頚部の神経症状を説明できる場合など。

骨折の神経症状の後遺障害等級が認定されるポイント

これも、むち打ちとほぼ同じですが、骨折の場合の12級の認定については、ポイントがあります。骨折の場合は、骨折した部分が、癒合してやがて治癒しますが、この癒合の状態が、神経圧迫との関係で整合的に他覚的所見により、客観的に証明できるかが重要です。

14級については、むち打ちと基準は同じと考えられますが、むち打ちよりは認定はされやすい傾向にあります。

上記は一部のポイントを説明しただけで、骨折もむち打ちも様々な形態があり、複雑な分析が必要です。目に見えない神経症状の後遺障害の事実を、書面審査で立証することは、難しく、専門家に相談して、事実関係を整理して証明することを、お勧めします。

Follow me!