むち打ち 神経症状14級9号 後遺障害異議申立で認定(男性 東京都)

(プライバシーに配慮して、簡略化しています)

経緯

後方から高速道路の料金所で停車中に追突され、腰部疼痛・足のしびれの症状より1年以上通院して治療、後遺障害認定の申請を任意保険会社による事前認定でしたが、非該当となり、当事務所に相談、受任する。

問題点

MRI等の画像検査、神経学的検査でも異常が発見されていない点が問題

対処方法

検査による証明は困難と判断し、医学的な事実に基づく診断書等の作成による後遺障害の事実の説明、その他、事実関係を整理した異議申立書の作成により対処。

結果

14級9号に該当

行政書士のコメント

画像及び神経学的検査の所見に異常がない場合でも、後遺障害の事実を医学的に説明できれば、14級の後遺障害の認定は可能です。

自賠責保険の調査事務所も公平な判断により、認定をしてくれます。本事例の被害者は、立ち仕事で事故後も辛い思いをして、仕事を続けながら懸命に治療を続けたことが、認定された理由です。認定されたときは、こちらも嬉しく思いました。

 

むち打ち(頚椎捻挫、腰椎捻挫等)後遺症12級、14級認定についてのQ&A

Follow me!