脊柱に奇形を残すものとして11級7号の認定(男性 茨城県)

(プライバシーに配慮して、簡略化しています)

受任の経緯

自動車同士の衝突事故により、頚椎脱臼骨折で入院、治療1年で後遺障害認定(初回)の申請を受任。

問題点

医師が骨折部分は完全に癒合しているので後遺症はないとして精密な検査を拒んだ点。

対処方法

後遺障害の意味を医師に説明、精密な画像の検査をお願いし、多数の画像資料を提出、判断は調査側に委ねる。

結果

提出画像から脊柱に変形を認めるものとして、11級7号認定。

行政書士のコメント

立証責任は、被害者側にあります。したがって、必要な検査をして資料を提出しなければ、この認定はありませんでした。医師が検査を不要とするのは、治療のための検査が不要と考えるからです。立証のための検査は被害者の側でお願いしなければ、証明されない場合があるのも現実です。

Follow me!