異議申し立て

自賠責保険の後遺障害等級認定が非該当の場合または等級の結果に不服がある場合、何度でも後遺障害認定の異議申し立てができます。

では、どうして初回の申請で納得できる結果が得られないのでしょうか?

その理由は、適正な手続による証明・説明ができないことが原因と考えられます。

むち打ちのケースを例で、この原因を説明すると、事故後、相手側の任意保険会社対応で治療費等を負担してもらい治療を続け、半年経過するぐらいで、治療費の打ち切り、症状を固定して、後遺障害の申請を任意保険会社の事前認定で申請するのが通常です。

この時に提出する資料は後遺障害診断書とMRIの画像ぐらいです。

この後遺障害診断書の内容は、医師は治療することが仕事で、治療の結果残った後遺障害の評価については詳しくないのが現状で、不備のある後遺障害診断書になる場合が多くあります。また、MRI画像を提出したぐらいで簡単にむち打ちの神経症状を証明・説明することは困難で、仮に神経学的検査をしたとしても、むち打ちの場合に異常所見が発見されることは、経験上少ないです。

したがって、半年で症状固定して事前認定の方法で後遺障害認定の申請をしても、資料不足等の理由から、むち打ちの神経症状で12級、14級が認定されることは困難といえます。

そこで、適正な手続である被害者請求で、要件事実の証明・説明を十分な資料でする必要があります。

この適正な手続のお手伝いを、交通事故の後遺障害認定専門の行政書士がお手伝いします。

例に挙げた、むち打ちの神経症状でも、それぞれの事故状況、経緯なども人により異なり、検査による立証方法以外にも様々な対処方法があります。

初回申請に納得できない方、後遺障害異議申し立てについて、経験豊富な自賠責保険の申請を専門にしている行政書士に、ご相談ください。

Follow me!