医師と後遺障害認定について

医師は、怪我を治すことが目的で、手術や投薬やリハビリなどをして、完治するための治療をします。これに対して、後遺障害の認定は、完治しない後遺症を評価することが目的で、この後遺症を医師は認めたくないと考える傾向があります。

したがって、両者の目的は異なり、医師は後遺症を認めることには慎重になり、目的外の後遺障害の判断についは詳しくないのが現実です。

しかし、事実として後遺症が残るのは否定できず、これを、正当に評価しなけらばなりません

そこで、医師との信頼関係を築き、日頃から医師を信頼して最善の治療をしてコミュニケーションをとり、治らなかったときに、後遺症についての話をできるようにすることが重要です(医師面談を専門家がする時に信頼関係がないとお会いしてお話しを聞いて頂くことが出来ません)。まったく病院で治療をしないで、後遺症認定だけを病院の医師に依頼することだけは、避けるべきです。信頼できる主治医と患者の関係を作ることが、治療でも後遺症の評価でも大切です。

そして、治療と後遺障害の認定の評価は、表裏一体の関係にあります。

したがって、完治を目的に医師を信頼して治療に専念してください。治れば将来後遺症で辛い思いをしなくていいし、一生懸命治療をしたが後遺症が残ってしまった時には、それまでの治療が大きな意味を持つことになります(病院での治療の意味です)。

なお、安易に病院を変えることは避けるべきです。理由は、後遺症の認定では結果の証明だけでは評価されず、その治療のプロセスが重要といえるからです(もちろん、例えば、専門性の要求される症状の場合は、他の病院で検査・治療することも必要です)。したがって、上記のようにまずは現在の医師との関係を改善する努力をして、どうしても無理な場合に病院を変えることを考えるべきといえます。

 

 

 

Follow me!