後遺障害認定と医師面談について

自賠責保険の後遺障害認定は医学的な資料を基礎に、その証明をします。

そこで、その医学的資料を収集するために医師面談をする場合があります。

そして、この医師面談は、その必要性を十分に考えた上で、病院側に迷惑にならない範囲で医師の承諾を得てしなければなりません。

では、医師面談は具体的にどのような場合にすべきか?

これは、例えば難しい事案で説明の上医師にカルテ等の資料を丁寧に精査して頂いてから作成をお願いする資料や治療とは関係ない証明のために必要な検査を無理にお願いする場合などは、多少無理をしても医師面談をしなければなりません。

他方、例えばむち打ちの事案で、サイトや医学書にあるような認定とほとんど関係ない無駄な神経学的検査を無理にお願いしたりすることは、その必要性からも疑問で忙しい医師に無駄な負担となるので医師面談は慎むべきです。

なお、経験豊富な専門家は証明すべき要件事実を把握しており、その事実証明のため資料の収集方法を経験上熟知しています。
(当事務所では、要件事実にあった様式の書面を個別に作成して、その「事実」を証明するための資料の作成を医師に負担にならない範囲でお願いしています)

大切なのは、忙しい医師に負担なく後遺障害の「事実」証明のために必要な検査や医学的資料の作成をお願いできるかという点です。

その手段を必要かつ許容出来る限りで選択して、後遺障害認定に必要な資料を収集すべきと経験上考えています。

最後に、医師との信頼関係を大切にしてください。その上で、「事実」であれば医師は資料の作成や検査等の協力をしてくれます。

 

Follow me!