むち打ち(頚椎捻挫・腰椎捻挫等)後遺症12級認定、14級認定についてのQ&A

 

Q:むち打ちは後遺症として認定されますか?

A:むち打ち(頚椎捻挫など)でも自賠責保険の基準を充たせば、14級、12級の等級が認定されます。
具体的には、「局部に神経症状を残すもの」(14級9号)、「局部に頑固な神経症状を残すもの」(12級13号)の基準を充たす必要があります。

Q:14級と12級の違いは?

A:そうですね、言葉の違いは「頑固な」の有無ですが、この頑固なとは、強い痛み等の神経症状の程度ではなく、神経症状を医学的に証明できる場合が12級、医学的に証明できないまでも医学的に説明できる場合に14級となります。

 

Q:12級の医学的に証明できる場合とは?

A:神経症状を医学的に証明できる場合とは、MRI・レントゲンなどの画像検査と神経学的検査の他覚的所見の整合性等で判断されます。
したがいまして、適切な時期に適切な検査をすることが12級が認定されるためには必要となります。

Q:14級の医学的に説明できる場合とは?

A:神経症状を医学的に説明できる場合とは、上記の12級の他覚的所見がはっきりしない場合でも、その他の治療内容、治療の状況や症状の推移等より、医学的に説明できる場合をいいます。

 

Q:14級と12級はどのようにして認定されますか、方法は?

A:まずは後遺障害診断書から、審査の範囲や後遺障害の有無等が判断されます。しかし、後遺障害診断書の内容だけでは、上記の12級、14級の要件を判断することは出来ないため、MRI・レントゲン、その他の他覚所見や医学的資料などから総合的判断して、12級、14級の等級を認定します。

 

Q:認定のための資料は誰が集めて提出するのですか?

A:任意保険会社が入って治療費の支払いをしている場合には、後遺障害診断書や画像、診療報酬明細書、診断書などは保険会社が集めて調査機関がその資料から認定の有無を判断します。
ただ、これは任意保険会社のサービス的なもので必ずしも被害者が納得できる結果にならないことが多くあります。
そこで、任意保険会社からの事前認定ではなく、被害者請求(16条請求)に切り替えて、自分で後遺障害診断書の記載に誤りはないか、適切な検査はされているか、その他14級、12級が認定されるための資料が追加で必要ではないか等の精査をしてから後遺障害認定の申請はすべきと考えます。
そして、追加で資料が必要な場合は、医師にその旨を伝えて、医療照会などを通じて資料の作成をお願いすることになります。

 

Q:病院ではなく整骨院でも認定されますか?

A:そうですね、上記の認定要件は医学的な証明・説明を必要とするので、医学的と評価されていない整骨院だけでは、どんなに後遺症が残っていても医学的な資料を集めることが出来ず、後遺障害の事実を証明できないことになり、後遺障害として認定されることは難しくなります。
したがいまして、通院の問題などがあるとは思いますが、病院での継続的な治療や検査は必ず必要となります。

 

 

電話ロゴ

相談者様の電話料金の負担をなくすため、携帯電話から折り返しお電話します。相談の際、申し出ください。

 

 

 

Follow me!