片耳難聴 相当因果関係否定 異議申立 聴力障害9級認定(埼玉県)

片耳が聴こえなくなったのに相当因果関係が否定され補償されず、保険会社からの事前認定の結果に不信感を抱き、納得できず、相談

<相談内容> 子供(幼児)と車の事故で頭部を強打して脳震盪などで入院、その後退院したが、聴力障害で片耳が聴こえていないことに両親が気が付き、病院を転々として症状固定となり、保険会社からの事前認定で申請するも交通事故との相当因果関係が否定され非該当、納得できず、当事務所に相談。

<受任の経緯>資料を精査したところ、事前認定では必要な調査はされていて、その調査結果は聴力障害と交通事故との相当因果関係を否定又は不明とするものばかりでした。個人的には、相当因果関係の証明をするのは難しいと考えましたが、小さな子供が片耳が聴こえなくなったのに後遺症について全く補償を受けられないのは不合理と考えて、受任。

<問題点>交通事故と聴力障害との相当因果関係の証明のための資料の収集

<対処方法>受傷時からの経緯を資料から徹底して調べて、ご両親からも当時の病院等での検査の有無を調べました。苦労しましたが、当事務所が過去にやった聴力障害の事案の経験から、ご両親に事故前から現在に至るまでの事実関係を聴取、精査して、資料を収集することが出来ました。その資料を基礎に経緯等をまとめて異議申立書を作成、収集した資料を提出しました。

⇓

<結果>被害者請求の異議申立で交通事故と聴力障害との相当因果関係を認め、1耳の聴力を全く失ったものとして、9級9号が認定されました。

(コメント)事故当時は幼稚園の幼児、初回の事前認定では、自賠責保険は調査はしましたが、医師に簡単な医療照会をしただけのものでした。これは簡単な質問を医師にして回答、それを根拠として相当因果関係を否定しています。確かに、大量な調査事案があり、迅速にそれを処理しなければならないのは理解できますが、それだけで相当因果関係を否定された被害者側は納得できるものではありません。ましてや、この事案は幼児の聴力障害で医師の側もその症状を把握するのは大人に比べて難しいものになります。この事案は運良く資料が収集でき証明することは出来ましたが、相談を受けていた当時は証明することができる可能性はほとんどないと感じ、ご両親の熱意から受任した経緯があります。賠償金額についてはタッチしていませんが、小さな将来ある子供の片耳の聴力が失われることを考えると、いくら賠償されても納得できるものではないと思います。とはいえ、等級が認定されていなければ、裁判で認定されるのは難しく、賠償金はゼロに近い数字になっていたといえます。相当因果関係の論点は難しく、これ以外の事案でも相当因果関係を証明できず補償されない被害者が多くいるのは想像できます。この事案で一度は断ることも考えましたが、これからも諦めずに交通事故被害者のためにサポート出来ればと思っています。

 

Follow me!