労災と自賠責保険の関係についてのQ&A

交通事故における自賠責保険の後遺障害と労災の障害の関係について

Q:通勤時に交通事故にあって後遺症が残った場合には、どうすればいいのでしょうか?

A:この場合、労災と自賠責保険への申請が可能です。

 

Q:上記の場合、どちらから申請するのですか?

A:例外もありますが、原則として、自賠責保険への申請が先行となります。

 

Q:労災と自賠責保険の障害認定基準は同じなのですか?

A:自賠責保険は労災の障害等級認定基準を準用しており、原則として同じ基準と考えていいです。もっとも、一部の認定基準は異なるものも存在します。

 

Q:労災と自賠責保険の認定結果が違うことはありますか?

A:自賠責保険と労災では別個独立して調査・審査しているので、その認定結果は異なることが多くあります。経験上、労災よりも自賠責保険の方が厳しい結果になる場合が多いといえます。理由は、自賠責保険の審査方法が一部を除き書面審査となり、その証明が難しいといえるからです。

 

Q:労災の認定結果が自賠責保険より上位等級の場合に、労災の認定結果を提出すれば自賠責保険の認定結果は変わるのですか?

A:かつては、労災の認定結果と資料を提出して自賠責保険に異議申し立てすれば、自賠責の認定結果は変更できるという趣旨の情報もありましたが、実務上、上記のように自賠責保険と労災は審査方法を異にして別個独立して審査していると明言しており、必ずしも労災での結果が自賠責保険で認められることはありません。

 

Q:行政書士は労災の手続きは代理してくれるのですか?

A:労災手続について行政書士は、社会保険労務士法に違反することになるので代理することは出来ません。

 

Follow me!