症状固定についてのQ&A

Q:症状固定とは?

A:症状固定とは、医学的な適切な治療をしたが、これ以上の回復は困難と医学的に判断された状態です→もうこれ以上治療の効果が期待できない症状の残存した状態。

Q:症状固定は誰がするのですか?

医師が経験に基づき適切な時期に医学的に判断します。なお、保険会社の治療費の打ち切りは症状固定とは関係ありません。被害者の方は十分に医師とコミュニケーションをとり、適切な治療を続け、医師と話し合い、適切な時期に症状固定をすべきです。

 

Q:症状固定はいつするのですか(症状固定日)?

原則として、半年経過後に症状固定日となります。もっとも、脳障害や精神障害などは最低でも1年以上の治療は必要と考えられています。他方、半年以前に回復困難な傷病もあり、半年経過前の症状固定もあります。いずれにしても、医師がその経験に基づいて治療経過等から医学的に症状固定日は判断されます。

 

Q:症状固定するとどうなるのですか(法的効果)?

  1. 治療費や休業損害、入院・通院慰謝料などの「傷害」部分についての損害賠償は、症状固定日までとなります。
  2. 症状固定日以降は、後遺障害として認められた場合には「後遺障害」部分の損害賠償として評価されます。

この意味で、症状固定日は、一つのターニングポイントとなり、損害賠償上の重要な基準日となります。

損害賠償請求の種類について

 

症状固定されたら→後遺障害等級認定手続へ

 

電話ロゴ

相談者様の電話料金の負担をなくすため、携帯電話から折り返しお電話します。相談の際、申し出ください。

 

 

Follow me!